amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

文字も悪くない

大事な話しをするときは、なるべく顔を合わせて話す、無理なら電話、メールはなるべく避ける、というのが今までの考えでした。
なぜなら、言葉以外の部分で伝えていることが結構重要だから。
メールは特に、感情が現れにくく相手がどういう温度で言っている言葉なのかがわかりづらい。

だけど。

前の記事でも書いた、友人とのやりとりは全てメール。
顔を合わせて話すと、なんとなくごまかしてしまって、ちょっと拗ねてみたりして、相手もいちいち気にしすぎなんだから!みたいな感じで流してきたりで、全く解決しませんでした。
解決しないどころか、向き合わない感じがさらに状況を悪化させました。
ところがメールだと、私の考えが伝わったのです。

どうも私の場合、ほんとうに大切なことを伝えるときは文章にするのが良いのだと、今回の一件で気がつきました。
私は自分の文章にコンプレックスがあります。あまり好きではないのです。
いままでなぜ好きではないのか、よくわからずにいました。

でも、今回のことで理解しました。
良くも悪くも、自分が丸出しになるからだと。
鏡をみて、あれこんなブサイクだったっけみたいな感じ。
こんなに太ってないはずなのに、みたいな。
自分の文章が嫌いなのは、自分を丸ごと全部、突きつけられるからでした。

すごい小物なところとか、偉そうな感じとか、すぐいじける、ケチ、いちいち細かい、理屈っぽいとか、もう見たくない部分が文の端々に丸出しな訳です。
そりゃ見たくないよね。
でもこのところは、そんなに嫌でもなくなってました。
その辺の嫌いな自分も、意識するようになってきたからだと思います。
残念だけど、そんな部分も私にはあるのです。

でも、その中でも考え方で変えられるところは変えようとしてみる。
調子が悪かったりするとすぐ戻ってしまうこともあるけど、それでも「あ、今もどっちゃった」と理解できる。これすごく大事。

今、大きな課題だと思っているのは、「人を蔑む心」が自分にもまだあるということ。
そしてこれを越えることは、すごく大事であるということ。
これができないから、今があるということ。

傲慢なのは一番良くない。言葉にすると安っぽいけど。
実は傲慢でない人はそんなに見たことがない。大体の人が傲慢で尊大。
ほんとうにすごいなあ、と思った人は驚くくらい等身大の自分を持っていて、謙虚だ。
それが全てを物語っていると思う。