amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

やらない理由

やりたくないことは、なかなかできなくなっていることに気がついてきた。

代わりに、やりたいこと、必要なことには動けるようになってきた。

すごく重要な「タイミング」は絶対逃さない覚悟も意識的にするようになってきた。

 

どうしようか「悩む」ことを、本当は悩んでいるんじゃなくて既に決まっていると言われて、あんまり意味がわかっていなかったのだけど。

 

選んでいない時点で「選ばない」ことを決めてるんだと。

 

前に仕事を辞めたいと言う割には何もしない人たちのことを書いたけど、なんでも同じで、それを選んでいない時点で「そうしないことを決めている」。

その連続。

 

その連続の先には無数に枝分かれする道があって、その瞬間でどれを選んだかで行く先が変わっていく。

現在はそれらの積み重ねでしかない。それ以上の意味はない。今に満足していない人は、過去の無数の選択肢で何かを間違えている、またそのような「癖」がある。そのままにしているとこれから先、望んでいない(実際は望んでいるのだけど)方向に行くことはあっても、自分が把握している望みは叶いにくい。

 

いま書いていて、初めてヴィジョンとしてそのイメージが見えた。