読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

自分を知る

カラー診断というものがある。

その人に合う色、というものなんだけど、つい最近まで自分に合う色を全く似合わない色だと思っていた。驚いた。

 

なんかこの色、似合わないと思ってたけど最近好きなんだよね、と選ぶことが続いて、おかしいなと思ったので簡易的に調べてみたら、ちゃんと合う色を選んでいた。

 

要は今までの思い込みが全然的外れだったということなんだけど、それに全く気がつかなかったのが面白い。

 

というのも、自分では色の識別がかなり得意なのと、配色や似合う色に「敏感」だと思っていたから。

どれだけ人は自分のことを客観的に見れていないのかと改めて思った。

ある程度意識していると思っていたのに、これだもの。

 

気がついたのは、自分をちゃんと知ろうとしていて、それが出来始めているからなんじゃないかと思う。これからもっと等身大の自分が見えてくるのかな。

 

それまでの自分は一体何を見ていたのか。見ているようで何も見ていない。

自分にしか興味のない人が多いようだけど、それすら本当に興味を持って見ているのか、何かの恐れで他人から目を逸らしているだけなんじゃないのか。

 

あ、これが統合、ってやつなのかな?