amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

伝わらなくても

人との関わり合いの中で、うまく気持ちが伝わらない時。

それでも伝えたい相手には、なんとかして想いを伝えたい。

 

他人なのだから、本当分かり合うなんてことはないけれど、それでも全力で気持ちを伝えたら、きっとその熱量は伝わる。誠意は伝わる。

 

その想いの強さに、人は動かされる。

代わりに、本気でない軽い言葉は、軽蔑される。

 

だから、相手に対して本当にそこまでの想いを持っているのか、考えなくちゃ。

考えて、それだけのことをする必要があるのなら、迷わず行動に移そう。

 

言葉を発するには理由があると、以前書いたけれど、考えれば考えるほど、話す言葉を失う。

いかに日々、軽い気持ちで言葉を吐いているか。

雑誌や流行小説、ネット、連ねている言葉の軽さに、本当の言葉は無いのかと呆然とする。

 

軽い言葉は、軽いなりの反応しか返ってこない。

表面的な表現だけなぞったものは、軽んじられる。

 

だから、本当の言葉で語っている本や音楽は世代と時代を越えて愛されるんだ。