読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

怒りは弱さ

とある人が大したことないように聞こえる冗談に対して、本気で怒った話しを聞いた。

 

本当にどうでもいいような内容だったんだけど、それで怒るってことは苦しんでることを意味する。

 

わざわざ自分が悩んでいること、余裕がないことを無意識にさらけ出しているということ。

 

大人なら、その場を悪くするようなことは、わざわざ言わない。

相手がどういうつもりで言っているかをきちんと聞いていれば、言葉どおりにはとらない。

 

その人の苦しみはその人のものであって、相手は関係ないというのに、ごっちゃにして攻撃する人が多いけど、怒る人っていうのは辛い人なんだということ。

 

そしてそんな人にはいい人なんて寄り付いてこないってことだ。

 

悩んで苦しんでるのは生きてる実感に必ずしも必要ではないよなあ。

どうせなら全部面白い感覚に変えていきたい。