読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

ひとりだ。

なんだかいろいろ疲れた。
変なことばかり起きて、変な高揚感。
がしゃがしゃ動いてるからこうなるのかな。

それとも、退屈しているのか。

問題ばかりに目が行くのは、何かが違っている証拠。


こいつ嫌だな、と思った人と仲良くしてみようとしたけど
案の定、やなやつっていうか全く接点がない人だった。

酷い目に合う。人災。

そのおかげで、どうやっても信用できない人との関わりを断つことができた。
なんで断れないのか自分。なんかおかしくない?



自分で決めるのが怖い。
自信がない?
どうしたいのかわからない。
中途半端に受け入れて、やっぱり自分じゃないと言う。

その結果、続かない。
続けられなくなる。

どうしたいのか、ほんとにわからないのかな。
考えてないだけじゃないのか。
逃げないで考えてる?
面倒臭いといって、投げてないか?
いいのこれで、と納得してるふりをしてないか。
単にボンヤリして、やりすごしてないか。
他に方法ないし、と言い訳してないか。
だって求められたから、と自分で選ぶことだけを放棄してないか。

中途半端なことしてるから、中途半端なんだ。

選ばないなら、選ばない。
選ぶなら、選ぶ。

最初から選んでいるんだから、選び続けないと。自分の意思というものがあるなら、それに従うのが筋だ。
そこまでして通したい筋ってなんなの。そんなに大事なことですか。
だって自分じゃなくなる気がするんでしょ。人間じゃなくなる気になるんでしょ。
じゃあそれは大事なことなんだろう。
やっぱりどうやっても、自分の意思を曲げたくない。

何をしたとき、曲げたと感じる?這いつくばって靴をなめさせられるような思いになる?
権威を振りかざされたとき。
理不尽に言うことを聞かされるとき。
人として扱われないとき。
上下関係を感じさせられるとき。自分が上でも下でも。
先生という人種と関わるとき。



やっぱり私は野を行く人間だ。
道がない道を行きたい。
後にも続かなくていい。
前に向かって進みたい。
生きている実感はそこにある。