amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

コミュニケーション

久しぶりに新しい人間関係に踏み込んだ。

 

結果的にはコミュニケーションできないまま、終わってしまったけど。

終わったというか、始まってもなかったというか。

 

残念ではあるけれど、生身の人間を相手にいろいろなことを考え、自分の思いを伝えようとし、様々な工夫をするって、やっぱり面白い。

 

今回の反省は、相手が何度も言葉じゃない部分で信号を出してたのに、何度も試そうとしたこと。

相手が最大譲歩して場を設けたときに、このことに触れなかったこと。言ってたら違ったなあ。

 

でもあの信号じゃコミュニケーション以前の問題だよ…というか最初からお話ししたくなかった、ってことだね。それを言わないことでどれだけの不利益が生まれるかを考えられないほど、彼らは中身のない会話をしているのか。

 

ちょっぴり落ち込むけども、実践で経験を積みたいとおもいます。

どんな関係になろうとも、やっぱり人を知るのは面白いな。

愛について

フロムの「愛するということ」は何度読んでも新鮮だ。

単に記憶力が悪いのかもしれないけど、頷くことばかり書いてある。

 

だいぶ基礎体力はついたから、そろそろ次の段階にチャレンジしてみたいなと思ったから読み返したのだけど。

もう一歩、人と深く関わってみたい。

 

この先どうなるか、今からわくわくしている。

相手を知る前に

なんだか距離を取られちゃうのってさみしい。

さー仲良くなってみよう!と思ったのに。

 

人を知るのって楽しい。

人との関わりが人生には大切なんだと、最近そう思うようになった。

 

相手があることだから仕方がないけど、向こうも仲良くしてみたいのかな?と思ったのにお愛想だったのかもしれないと思うと、本当に残念に思う。

 

自分の見る目のなさ、言葉の読み違え、空回り。

 

都会の人は難しいなあ。

 

同じもの

好きも嫌いも同じで、方向が違うだけなんだなあと思います。

だからこの2つは何かのきっかけで反対の方に触れることがある。

大好きだった人は大嫌いに、

大嫌いだった人は大好きに。

 

どっちでもないのはさみしいけど、最近はそういうこともあるよなあと思うようになりました。

 

 

余計なことを言ってしまう理由

 

余計に喋りすぎてるだけじゃないかと思いました。

空白を埋める、

なんか楽しくしなきゃと思う。

 

あ、ツッコミ的な感じもあるかもしれない。

だって相手がそれを見て欲しいからやってるんでしょ、みたいな。

 

でもそれは本人も気がついてないことが多いから、言われたら不愉快かも。

 

まあ、何かを埋めようとして喋りすぎるのと、私の偉そうな性格が原因のほとんどかなあ。

 

 

考えていたこと

だいぶブログを書くのが空いてしまった。

これといった理由はなかったけど、たぶんサボっていたんだと思います。

 

ここのところ、コミュニケーションの取り方が荒い。あと余計な一言を言ってしまう。身も蓋も無いことば。

 

それを言っちゃう理由ってなんなんだろう。

 

もともと性格的に皮肉っぽい。

いらいらしていた。

相手も(状況も)どうでもいい感じだった。

余裕がない。

 

こんなあたりかな。

 

身近にいる人が、普段は結構気があって楽しい人なんだけど、ある部分では辛辣で皮肉屋、とにかく偉そうに物事を言い人の話しを聞きながら貧乏ゆすりする人がいる。

 

この部分は本当に嫌な人だ。最悪な部類。結構クソ野郎です。

こりゃ親もそうなんだろうなあと思いながら、自分の親も結構ひどいな、と思う。そして自分もこういう部分あるなあと。

 

 

 

 

習い事での成長

春から始めた習い事、順調に進んでいます。

楽しいから週2ペース、上手じょうずと褒められて、調子に乗る。

 

ふと、思ったんだ。

上手と褒められるから頑張っているの?

どうだ、っていう気持ち、ない?

他の人の進み方と比べてない?

 

なんだかやっぱり他人軸で測る癖がなくなってないことにガッカリしました。

 

ちなみに他人と比べず自分だけで考えると、ぜんぜんダメじゃん下手くそじゃん、です。

なかなか上手くやれたな、なんて思って家に帰ってから見返すと、夜中のラブレターみたいに現実とのギャップが見えて結構ガッカリします。

 

自分軸で考えるなら、楽しいけど下手くそ、だな。