読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amanda's diary

私って何なんでしょうの日記

戻る場所

人間の元に戻ろうとする力はすごい。

それがあるから生きていられるんだけど、変えようとするときには厄介なものになる。

結局はちょっとずつしか変えていけないってこと。でも、ちょっとずつでも変えていくしかない。その差は一年後に大きな差となる。

 

わかりやすいのはダイエット。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太る。運動で消費できるのはたかが知れてるから基本は食べる量を減らす。基礎代謝より少し減らしたカロリー摂取。その上で疲れない程度に運動。筋トレは免疫下げるのでやりすぎない。日常でよく動くようにする。体重グラフをつける。夜ごはんを軽くして、1日の体重差が1キロ以内だと大体痩せる。ホメオスタシスが起きにくいように1ヶ月に痩せる体重は現体重の5%まで。停滞しても淡々とダイエットを続ける。

これを確実にやるだけで痩せるわけです。本当に世の中はシンプルにできている。

でもダイエットに失敗する人は多い。だから一大産業になってる。

 

失敗する人は変わりたくない人、そこまでして変えようと思ってない人、「我慢しなきゃならない」と思ってる人。

我慢なんてする必要ないわけです。だって自分で選んでるんだから。次の日体重増えてもいいやって食べたなら願い通り増えるだけ。それが嫌なら少しだけ食べる、または増えても仕方がないと受け入れる。

 

自分で選ぶ意識があれば、結果は全く違うものになってくる。

ダイエットだけじゃなく、全てのことで。

 

「変わった」と思った時が曲者。そんなに変わってないことが多い。

ダイエットでいうと「すごく痩せた」と思った時。油断して増えたりする。

 

変わってようが変わってまいが、そんな主観的なことはどうでも良いわけで。周りが教えてくれる。

本当に変わった時は、自分の周囲の世界が変わる。

 

それを目安に、自分はただひたすら、1日の中で淡々とやる。やりすぎない。

と思っていても、ふと気がつくと自分の元に戻ろうとする力が働いて、おかしな方向で状況を捉えている時がある。

そういう時に読む本がある。ブレが収まって目が醒める感じがしてホッとする。

 

そうだそうだ、自分がどうであるか、だけで良かったんだ。

 やはり世の中はシンプルです。

言葉について。

言葉は大事だと、よく聞いていたのですが大して実感もせず、よく分からずにいました。

 

そんなことを考えていたら、全く同じことをたまたま人から聞くことがありました。

 

言葉になるには、それを発する理由がある。

だから安易に言葉を使ってはならない。

言葉を大事にすること。

 

翻って、相手に伝えるには、発する理由を自分が理解しておくこと。表面的ではなく。

 

表現する側にいた人の話しだったので、理論的でわかりやすかった。

 

より言葉を意識してみよう。そしてどう変わるかは私が書くことでわかるはず。

任せてみるということ

「自分でこれをやりたい」というほどの熱意がない割には、自分のこだわり(のようなもの)があってワガママを言う。

 

流れに逆らわないで、選択だけきちんとする。

 ↑これが必要なことなんだと思うけど、「なんかこれおかしくないか」っていうことにどこまで沿うことが、「流れに逆らわない」ことなのか。

 

その選択の癖が、今の自分を運んできた結果なのだから、そうしたいところをぐっと我慢して自分からは選ばないほうがいいのか。

 

でもやっぱり「嫌な予感しかしない」みたいなのもあって、それなのに進めるのは「流れに逆らわない」ことになるのか。

 

最近いつもそこで悩んで、モヤモヤするわけです。

 

「こうしたい」なんてことは超えたところの流れに乗りたい。

1日坊主になるところだった

気がついたら日が変わる直前。

また毎日書いてみようと思った矢先…続けるのは難しいんだな。

 

ひとつできれば他もできる。

だからとにかくやり続ける。

 

でも考えるのは難しい。どうでもいいことを書いてしまう。

言葉で説明できないことは、理解してないってこと。

じゃあ理解してないことだらけってこと?

先が思いやられます。

 

まあそれでも前には進むから、それでいいんだ。

大事なのはとにかく続けること。

自分の癖

だいぶ日にちが空いてしまいました。続かないなあ。

 

ダイエットを今の自分がやったらできるんじゃないか、と思ってちゃんと始めてみたらちゃんと痩せてきた。

当たり前のことなんですけど、なんでこれができなかったのかと怖くなる。

巷に溢れるダイエット広告や商品が、「ダイエットは成功しない」と思われていることを表しているな、と。

楽しては痩せないけど、そんなに頑張らなくても痩せる。短期間は無理。1ヶ月1キロ痩せたら1年でマイナス12キロ。

そう考えると全然不可能じゃない。

 

じゃあなぜうまくいかないのか。

 

継続して続けることは難しい。変わり続ける必要があるから。

自分を変えなければならないことに抵抗感がある。

(本当の意味で)今の自分から変わりたくない。

 

このブログを続けられないのも、同じことなんだな。

考えて言葉にすることを億劫に思っているってこと。

 

 

尊重する

他人に尊重されたかったら、自分が先にやること。

なんかやっぱりそれだけで随分違う気がする。

ちょっとわくわくする気分が戻ってきた。

 

否定的な言葉はどんなことであっても言わないほうがいいと実感。

 

他人の嬉しい気持ちって、ちゃんと自分に戻ってくるんだなあ。

自分の幸せ

子供の頃は「南の島でハンモック、ひたすら昼寝」が憧れというか自分の考える天国な暮らしだったけど、今は寝るのはそんなに楽しくない。本読みたいのに眠いときは本当にイライラする。

 

水木しげるが描いた、世界の天国と地獄をまとめた本に書いてあったけど、寒い国の天国はあったかくて、食べ物が豊富でない国の天国は、たくさん食べ物がある。

 

要は無いものがあるのが天国なわけで、当然ちゃ当然なわけだけど、そう考えると子供の時は結構忙しかったんだろうなと思った。

確かに今より早起きだし、1日みっちり勉強漬けだし、子供の人間関係もなかなか大変だし、放課後はあそんだり習い事に行ったりする。

今より全然自由になる時間ないかも。

 

子供の頃と比べると、大人は自由だ。たとえ会社員だとしても、やらなければいけないことは少ない。

最低限守っていれば、あとは自分の選択次第。誰にも怒られないし邪魔されない。

これだけで幸せなんじゃないかなあ。